なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
氷の上のボーツマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

氷の上のボーツマン

作: ベンノー・プルードラ
絵: ヴェルナー・クレムケ
訳: 上田 真而子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784001156362

小学2.3年から
A5判・上製・カバー・86頁

出版社からの紹介

あちこちに流氷がただよう冬の港。
二人の男の子ウーヴェとヨッヘン、幼い女の子カトリンは、船長の子犬ボーツマンを連れ出して、
アシのしげった氷の原っぱを走りまわります。とつぜん、足もとの氷が割れ、ボーツマンをのせた氷が流れていってしまいます!
二色刷りの版画が愛らしい、1959年初版のドイツの物語。

ベストレビュー

子どもたちの冒険と教訓

タグボートで飼われている犬のボーツマンと子どもたちの冒険のお話。
冬の港でタグボートから陸に上げてもらったボーツマン。
3人の子どもたちとボーツマンは冒険に出かけましたが、出かけた先は流氷の押し寄せる海辺の氷原。
陸地から離れてしまった流氷の上から、助かったらボーツマンを置いて帰ってしまったヨッヘン。
流氷に取り残されたボーツマンを助けるために、飼い主のタグボートへの使いを頼まれたのに、途中で雪だるま作りに気を奪われてしまった最年少のカリン。
残された一番年上のウーヴェは、ボーツマンを助けるためにボートで海に漕ぎ出します。

短い時間に起きた出来事ですが、とても鮮明に伝わってきます。
そして、この出来事と、子どもたちの行動から学ぶべきことが少なからず与えられている本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ベンノー・プルードラさんのその他の作品

岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ

ヴェルナー・クレムケさんのその他の作品

ライオンがいないどうぶつ園 / 空からきたひつじ

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 岩波少年文庫 144 きつねのライネケ / 福音館文庫 レクトロ物語



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

氷の上のボーツマン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット