あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年5月22日
ISBN: 9784001157130

出版社からの紹介

中国少数民族の雄大なお話。ペー族の表題作では木彫りのりゅうが動き出し、プーラン族の「天地のはじめ」では太陽が谷底に転げ落ち…。他に「くじゃくひめ」「九人のきょうだい」など。

ベストレビュー

一日一話に子どもに語ってやりたい昔話集

中国の昔話を手がけられる君島久子さんと挿絵が赤羽末吉さんという豪華なコンビの本です。

絵本ではないので、耳で聞く昔話となるでしょう。

このお二人のコンビで絵本にもなっている「九人のきょうだい」に始まり、中国のいろいろな民族の昔話が6話収録されています。

「ねこ先生と、とらのおでし」という、こちらも題名は違いますが、絵本にもあるねこにとらが教えをこう話などは馴染みもあるので、馴染みやすいお話が多い気がしました。

「くじゃくひめ」は「天女の羽衣」に似た要素を感じました。

中でも息子が早く話を聞きたがったのが、表題にもなっている『白いりゅうと黒いりゅう」です。

本物の黒いりゅうと木彫りの白いりゅうが戦うという壮大なスケールのお話でもあり、息子も魅了されたようでした。

君島さんの訳は読みやすく、また中国をよくご存知な赤羽さんの挿絵ということで、

あとがきによれば、君島さんの仕事を助けられたのが赤羽さんとあるので、中国に精通され取材もされている赤羽さんならではの作品だと思いました。

昔話はやはり誰かに語ってもらって聞くのが一番と思いますので、一日一話的に子どもに語ってやりたい昔話集です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ




『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

岩波世界児童文学集 白いりゅう黒いりゅう 中国のたのしいお話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット