だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
空にうかんだお城
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空にうかんだお城


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「空にうかんだお城」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年10月23日
ISBN: 9784001159707

出版社からの紹介

まぬけなオオカミの話、知恵をはたらかせてライオンたちの王になったロバの話、貧しい漁師の息子が空にうかぶ城を建てた話など、フランス民話の持つ力強さと底ぬけの明るさを伝えるお話7編。

ベストレビュー

フランスの昔話

岩波のせかいのどうわシリーズの一冊です。

山口智子さん訳のフランスの児童文学、堀内誠一さんとのコンビが多いなあと思って読んでいます。

フランスの昔話なのですが、表題作は「ロシアの昔話」でも似たような展開があり驚きました。

日本で有名なのはやはりグリム。

フランスの昔話は触れたことがないので新鮮でした。

「雪の男の子」はやはりロシアの「ゆきむすめ」と同じだったのにも驚きました。


昔話ってつながっているんですね。

同じようなお話ばかりでなく、初めて読むお話もあり楽しめました。

堀内誠一さんの絵もよかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



たたかえ!じんるいのために!

空にうかんだお城

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット