十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かってなカラスおおてがら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かってなカラスおおてがら

作: ジョーン・エイキン
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 猪熊 葉子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

「かってなカラスおおてがら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1981年3月13日
ISBN: 9784001159738

出版社からの紹介

ひょんなことからジョーンズ家の一員となったカラスのモーチマーは、階段を食べたり毎日かってのしほうだい。小さな女の子のアラベルと大の仲よしになりましたが、ある日、強盗の一味が……。

ベストレビュー

皮肉がイギリスらしい

読んでいる方がいて気になった作品です。

エイキンはよく見かける作家ですし、訳者が猪熊葉子さんであるのが気になりました。

タクシー運転手・ジョーンズさんが助けたカラス。娘のアラベルがカラスを気に入ってしまいペットになります。

モーチマーと名付けられたカラスは電話に出ては「ぜったいだめ!」と言うのです。

このセリフの繰り返しが絶妙で最後までよく利いていると思いました。

ジョーンズさんの奥さんの皮肉たっぷりの言葉が、ピーターラビットの辛口ぶりと重なって、さすがイギリスだなあと思いました。

二年生からとありますが、皮肉が通じるようになるには中学年以降の方がいいのかもしれないと思いました。

続編があるようなのでそちらも楽しみです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ


ジョーン・エイキンさんのその他の作品

ナンタケットの夜鳥 / ダイドーの冒険(5) コールド・ショルダー通りのなぞ / ダイドーの冒険(2) バタシー城の悪者たち / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女

クェンティン・ブレイクさんのその他の作品

ブーツをはいたキティのおはなし / ドレスを着た男子 / マグノリアおじさん / チョコレート工場のひみつ / 「ダ」ったらダールだ! / 一年中わくわくしてた

猪熊 葉子さんのその他の作品

岩波少年文庫 王のしるし (下) / 岩波少年文庫 王のしるし 上 / 岩波少年文庫 運命の騎士 / 岩波少年文庫 辺境のオオカミ / 岩波少年文庫 ともしびをかかげて 上 / 岩波少年文庫 ともしびをかかげて 下



お気に入りのくだものはどれ?

かってなカラスおおてがら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット