あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
おもしろ荘のリサベット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おもしろ荘のリサベット

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 石井 登志子
絵: イロン・ヴィークランド
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おもしろ荘のリサベット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年03月06日
ISBN: 9784001159752

小学2.3年以上
A5判・上製・78頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつも元気な幼い姉妹マディケンとリサベットは、つぎつぎにおもしろいことを思いつきます。今日は妹がエンドウ豆を鼻につめたことから大騒動に……。スウェーデンの子どもの日常をいきいきと描きます。

ベストレビュー

子どもっていいな!姉妹っていいな!

女の子が主人公で、リンドグレーンで、と条件が揃った作品なので、すこし背伸びしても、娘も興味をもって聞いていました。
読んでいるときもマディケンとリサベット姉妹と一緒にいるような気分になりますが、読んだあともその気持ちが続きます。リンドグレーンの作品は魔法がかかってるみたいです!

岩波少年文庫のリサベットは、5歳前の娘には無理かもしれませんが、その中から作品を選びだして絵をつけたこの作品含め3冊は、リンドグレーンのファンとしてはとても嬉しいです。

ふたりが立ち寄ったリーナス・イダの家にかざってあった、おそろしい絵にもリンドグレーンの思いが感じられます。大洪水にのみこまれる人たちの絵なのですが、その洪水は地面にころがった小さな酒ビンから流れ出ているのです。子どもたちに、お酒の怖さを知ってほしいという強い思いを持っているのは、『リンドグレーンと少女サラ 』で知っていました。そういう点でも、読み流せるところはないなと感じます。

読んでいると、子どもっていいな!姉妹っていいな!と思ってしまいます。娘にはまだ分からないところも当然あるのですが、大事なところはわかっているので充分楽しめました。わからないところはもう少し大きくなってからの楽しみにとっておいてほしいと思います。
(おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

石井 登志子さんのその他の作品

雪のおしろへいったウッレ / わたしもがっこうにいきたいな / 岩波少年文庫 エーミルの大すきな友だち / 岩波少年文庫 エーミルとクリスマスのごちそう / 岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子 / ぼくもおにいちゃんになりたいな

イロン・ヴィークランドさんのその他の作品

大型絵本 ながいながい旅  / 聖なる夜 / やかまし村のクリスマス / 雪の森のリサベット / ぼくのブッベはどこ / クリスマスをまつリサベット



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

おもしろ荘のリサベット

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット