ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
どうするティリー?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうするティリー?

  • 絵本
作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうするティリー?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年08月
ISBN: 9784751519912

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力

【コースター付き】 レオ・レオニ絵本セットも販売中です。>>>

出版社からの紹介

あきらめないで!どんなに高い壁だって乗り越える方法はきっと見つかる。小さな知恵と勇気で世界を変えた1ぴきのねずみの物語。

ベストレビュー

深〜いメッセージだったのかもしれません

最初に“ティリーとかべ”を読み、感銘を受けてこちらを手に入れました。

当たり前のようなことも、思考停止せずに考え続けることが大切。
困難に思えることも、諦めずに希望を持ち続ければきっと解決できる。
この絵本から、私はそんなメッセージを感じました。


それともう一つ。暗喩的なメッセージ?と思えることが・・・。

この本が発刊されたのは、ベルリンの壁崩壊の頃。
ティリー達の目の前にある壁は、
それを模して描かれたのではないかな・・・と思うのです。

壁の向こう側にいる者も、こちら側にいる者も、同じドイツ人で何の違いもない。
そういうレオニの思いだったのではないでしょうか。
(ももうさ♪さん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レオ・レオニさんのその他の作品

フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり / アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック

谷川 俊太郎さんのその他の作品

よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

どうするティリー?

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット