だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
つかまらない つかまらない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つかまらない つかまらない

作: 神沢 利子
絵: 渡辺 洋二
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「つかまらない つかまらない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月25日
ISBN: 9784406021234

幼児〜小学校低学年

出版社からの紹介

野原の上に、金色のまりのようなお月さん。モコは一人で外に出ました。モコが歩くとお月さんもついてきます。月とおいかけっこしながらとびこんだ森の中で、モコはおそろしいふくろうとであいます。


ベストレビュー

久しぶりだね、モコちゃん!

昔子どもの頃、「うさぎのモコ」という赤い表紙の絵本(童話だったかも?)があって、2才下の妹がすご〜く気に入っていて、近所の文庫でいつも借りてきてたんです。(返しては借り、返しては借りしてたので、貸し出しカ−ドには妹の名前がずら−っと並んでた!)
大人になってから探してみたけど、絶版になっていて見つからずがっかりしてたところに、赤い表紙のあの本ではないけれど、たぶん同じ話を、1話ずつ分けて本にしたらしいシリ−ズを発見しました!(挿絵を描いた人は違うと思うけど、渡辺洋二さんの描いたモコちゃんも、なかなかかわいいですよ!)
前置きが長くなりましたが、この「つかまらない〜」は、お父さんとお母さんが夜になっても帰ってこないので、モコは迎えに行こうとします。空を見上げると、まんまるお月さんがついてきます。おいかけっこを楽しみながら森まで来ると、お月さんの姿が見えません。代わりに「ほっほっほう。つかまえてやろうか」きみのわるい声が聞こえてきます。モコは大丈夫かな?
子どもって、お月さまが好きですよね〜?そして、ある時期必ず「お月さまがついてくる〜!」って言うじゃないですか?幼い子の心理を等身大で書いてるところが、このシリ−ズの魅力です。
モコの最後の言葉がとってもかわいらしいです。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日 / くじらのあかちゃん おおきくなあれ

渡辺 洋二さんのその他の作品

ちいさなこだまぼっこ / そうちゃんはおこってるんだもん / こいぬをむかえに / 渡辺洋二の島・ふとんかいすいよく / ぼっちたちの夏 / 雨の日の午後



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

つかまらない つかまらない

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット