あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くまのコールテンくん(洋書版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのコールテンくん(洋書版)

  • 絵本
作・絵: ドン・フリーマン
出版社: Viking Penguin Inc

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。 言語:英語

おはなし

大きなデパートのおもちゃ売り場に、緑色のズボンをはいた熊のぬいぐるみのコールテンくんがいました。ここでは、みんな「早く誰かにうちに連れて行ってほしい」と思っています。
ある日、ひとりの女の子がコールテンくんの前で立ち止まりお母さんに欲しいと頼みますが、ズボンのつり紐のボタンが1つ取れていると言われます。その夜、コールテンくんはお客さんの帰ったデパートの中へボタンを探しに出かけました。初めて見るエスカレーターにびっくりしたり、ベッドについているボタンを自分のボタンだと思って引っ張ったり・・・。でも、警備員のおじさんに見つかってしまって、ボタンは見つけられないまま元のおもちゃ売り場に戻されてしまいました。
次の朝、昨日の女の子がやって来て、自分の貯金を使ってコールテンくんを家に連れて帰ってくれました。そして女の子「リサ」はコールテンくんにボタンを付けて、ぎゅっと抱きしめてくれました。
(翻訳作品より転載)

みどころ

コールテンくんはデパートのおもちゃ売り場で、誰かが買ってくれるのを待っています。ボタンがないことに気付き、夜のデパートの中を探しに行くところでは、読み手も聞き手もきっと一緒にドキドキすることでしょう。青色を基調にした暗闇の中に、警備員のおじさんの照らす懐中電灯の黄色がとても効果的に描かれています。
リサはボタンが無くても、コールテンくんを気に入ってくれました。「ともだち」という言葉で表されているふたりの気持ちには、やさしいあたたかい気持ちが溢れています。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

やっぱりいいなぁ

私にとって、あなたのお気に入りの絵本は?と聞かれると、真っ先に答
える題名の1つが『くまのコールテンくん』です。その絵本のオリジナルは
どんななんだろう?と思って読んでみました。

“I like the way you are” いい言葉ですよね。ジーンと来ました。
心温まる話をサラっと面白エピソード満載で描けるドン・フリーマンって
やっぱりすごいなぁ。そして、松岡享子さんの訳は名訳だなぁと改めて
思いました。
中学生レベルの英語で読めるので、是非、読んで見て下さい。
お薦めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドン・フリーマンさんのその他の作品

ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / 門ばんネズミのノーマン / オペラハウスのなかまたち / ハロウィーンのまじょティリー



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

くまのコールテンくん(洋書版)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット