新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
Polar Bear、 Polar Bear、 What Do You Hear?

Polar Bear、 Polar Bear、 What Do You Hear?

作品情報

発行日: 1991年10月
ISBN: 9780805017595

U.S.定価  $ 16.95
翻訳作品
しろくまくんなにがきこえる?

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 25.8 x 横 20.9 x 厚さ 0.8(cm) 言語:英語

出版社からの紹介

"Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?"の姉妹本で、こちらも長年愛されてきた名作です。シンプルな詩とカラフルなイラストで、「聞く」という概念が子供たちの心にもすんなり入っていきます。さらに韻の心地よいリズムを味わう楽しみもあります。
(スカイソフトより)

ベストレビュー

なじみのない単語、大人の勉強にも

『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』も持っていますが、動物園大好きの子供は、こっちのほうが好きです。動物の写真を見るとホッキョクグマではなくpolar bear、シマウマではなくzebraと言ったぐらいです。親としてはどちらも覚えてほしいのだけど^^;しかし、読んでやるのは、この本のほうがずっと難しいです。まず、動物の鳴き方を示す単語、brayとかbellowなどは、あまりなじみがありません。おまけに、いちいち動物の鳴きまねをしてやらないといけません。ライオンは日本では「ガオー」でも英語圏では「Roar」です。ロバは「Hee Haw」、クジャクは日本語ですらどう鳴くのかわからないし……本当にキャンキャン(yelp)鳴くのかしらん。
(ホートンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

Polar Bear、 Polar Bear、 What Do You Hear?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら