トリックオアトリート! トリックオアトリート! トリックオアトリート!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
The Very Quiet Cricket(だんまりこおろぎ)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

The Very Quiet Cricket(だんまりこおろぎ)

  • 絵本
作・絵: エリック・カール
出版社: Philomel Books

作品情報

  • 絵本ムービーを見る(日本語版)
  • 絵本ムービーを見る(英語版)

プレミアムサービスに登録すると絵本ムービーが見放題!

発行日: 1990年11月
ISBN: 9780399218859

U.S.定価 :$ 21.99
翻訳作品
だんまりこおろぎ

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 21.5 x 横 29.6 x 厚さ 1.7(cm) 言語:英語

おはなし

ぽかぽか暖かいある日に、こおろぎのぼうやが生まれました。
大きなこおろぎが羽根をこすってありさつします。「ころころ・りりり・・・」
こおろぎぼうやもあいさつしようと小さな羽根をこすりますが、音が出ません。
こおろぎぼうやは、次々にいろんな虫たちと出会います。ばった、かまきり、いもむし、せみ・・・
みんながこおろぎぼうやにあいさつしてくれるので、こおろぎぼうやも小さな羽根をこすりますが、やっぱり音が出ません。
そしてこおろぎぼうやは仲間のおんなのこを見つけました。
そのこにあいさつしようと思ったこおろぎぼうやが、もう一度羽根をこすると・・・
(翻訳作品より転載)

みどころ

こおろぎぼうやが、もう一度羽根をこすると・・・最後のページを開く子どもたちの驚きの表情が眼に浮かぶようです。
そうです、絵本からこおろぎの鳴き声が聞こえてくるのです!
このアイデアは秀逸です。こおろぎぼうやが次々と虫達に出会い、その度にあいさつしたくても音が出ない、読み手ももどかしい気持ちになっているときに最後の最後で音が出るという展開によって、そのアイデアが最大限に生かされています。
普通の絵本よりも値段が高い理由は、音の出る仕掛けにあります。この驚きはきっと大人になっても覚えていてくれるもの、そう思うとプレゼントによいのではないでしょうか。
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

どうしちゃったの?

こおろぎどうしたんだろう?最初不安になります。
色んな虫達に出会いながら
その時の挨拶にも注目です。
朝から夜まで活動する虫達はそれぞれ違いますからね。
羽のイラストがとても繊細に描かれいてうっとりしてしまう。
最後のページを開いた時の驚きは忘れません。
本屋で手にしてすぐレジに向かいました。
今でもちゃんと鳴いてくれるんです。
それだけでも感動だな。
(花ぶらんこさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・カールさんのその他の作品

はらぺこあおむしおふろブック ことばのかくれんぼ / パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち / エリック・カールのイソップものがたり / はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / いちばんのなかよしさん



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

The Very Quiet Cricket(だんまりこおろぎ)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット