貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おっぱいのんだら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おっぱいのんだら

作・絵: わかやま しずこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「おっぱいのんだら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年4月1日

対象年齢 10ヵ月から2才向き
(こどものとも0.1.2. 2003年4月号)

出版社からの紹介

「こくこくこく」とおっぱいを飲んでいるのは牛の赤ちゃん。おなかがいっぱいになったら遊びます。子イヌも、子ネコも、子ブタたちも、お母さんのおっぱいを飲んだあと、元気に遊びます。そしてたくさん遊んだあとは、またおっぱいが飲みたくなって、お母さんのところに戻ります。

ベストレビュー

かわいい赤ちゃん

この本は見ても読んでも楽しい絵本です。
お母さんのおっぱいをのんで遊んでまたお母さんのところに戻ってくる単純な話だけど、普段子供を遊ばせている風景とダブってて私も楽しかったです。
子供は二人ともすごく反応がよくニコニコ笑顔で聞いてました。
(ラスカルの妻さん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

出版社おすすめ


わかやま しずこさんのその他の作品

まるまる だーれ? / とべたよ とべたよ / のんびりおじいさんとねこ / つかんでぱっくん / おかあさん どーこ? / ムルンとサルタイ



mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

おっぱいのんだら

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19




全ページためしよみ
年齢別絵本セット