ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
かたあしのひよこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かたあしのひよこ

文: 水谷章三
絵: いとう ひろし
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,450 +税

「かたあしのひよこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784593593132

サイズ:23.1×24.3/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

おじいさんとおばあさんにかわいがられていたひよこは、金の足をもっていた。よくばりな王様に1本の足をとられてしまったが、大きくなって、王様の城へかたあしをとりもどしにでかける。スペイン民話。

ベストレビュー

たくさんの子どもたちに読まれている絵本

たくさんのナビの方が感想を描いているな〜、と思ったら、NHKの子ども向けの番組でお子絵本の読み語りがあったようです。

だから、図書館で予約してから借りるまでにずいぶんと待たされたんですね。
借りてきて本もずいぶんとくたびれていました。
小さいお子さんが何度も何度も読んで、勢い余って破っちゃったりしたんだな〜という、修正テープの跡があちこちにありました。

小さい子たちに喜ばれる絵本は、素敵だな〜と思いますが、
本の保存状態のことを考えると、(公共のものであるときは)ちょっと考えてしまいますね。

さて、お話の方ですが、下の子に読んでみたら、すごくウケました。「今度の学校の読み語りで、ぜひうちのクラス(4年生)に読んで!」と、いわれてしまいました。
ちいさなヒヨコのすごい胃袋が、面白かったようです。
いとうひろしさんのはっきりした楽しい絵もサイコーでした。
元は、スペインの昔話だそうなので、物語もテンポよく読みやすかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水谷章三さんのその他の作品

紙芝居 馬になったむすこ / 七人のふしぎなじいさま / ワンダー民話館 ねこどんと ねずみどん / ももたろう / ごまひとつぶで… / ふうふうぽんぽんぽん

いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



第12回 『あったかいな』の片山健さん

かたあしのひよこ

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット