ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
どかんねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どかんねこ

作・絵: 矢玉 四郎
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「どかんねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年06月
ISBN: 9784591061053

小学低・中級向

出版社からの紹介

野原にある1本の土管を舞台にくり広げられる、頭のいいねこたちのふしぎなお話。まるで、矢玉四郎の鮮やかなマジックを見たような気になる絵本。

○内容紹介
 野原にある1本のどかんに、しろねこが入ったら、ぶちぶちねこが出てきたよ。ぶちぶちねこが入ったら、とらねこちゃんが出てきたよ。つぎつぎとねこが入っていっては、姿の変わったねこが現れます。ところが、いぬがどかんに入ったら・・・、いぬが出てくるではありませんか! いったい、このどかんはなんなんだ???
 シンプルでダイナミックな絵と歌うような文章のくりかえしに、ページをめくるのがはらはらどきどきします。読みきかせに最適な楽しい絵本。

ベストレビュー

単純だけど、面白い。

野原にどかんが一本ありました。
そこに白い猫が入ると、なぜかぶちぶち猫が出てくる。ぶちぶち猫が入るとトラ猫が出てくる。
どうして〜?
実は、どかんには穴が開いていて、そこにはいろんな猫が出入りしていた。
これは猫だけの秘密なんだって。って、絵本です。
これといった盛り上がりはないけれど、矢玉さんの描く猫の絵が妙にかわいいです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢玉 四郎さんのその他の作品

はれたまたまこぶた / はれときどきあまのじゃく / なりたいじんじゃ / はれときどきアハハ / ぶらんこぶーちゃん / このかおだ〜れ?



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

どかんねこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット