あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
しりっぽおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しりっぽおばけ

  • 絵本
作: ジョアンナ・ガルドン
絵: ポール・ガルドン
訳: 代田 昇
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「しりっぽおばけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784593503766

ベストレビュー

驚愕の谷底へ突き落とされてしまいました

 ポール・ガルドンさんの作品は好んで読んでいましたが、これはまだでした。
 どこかひょうきんな絵のイメージと全く異なる、“身の毛がよだつ”お話でした。
 えっ、え゛〜〜〜〜〜〜〜〜っていうくらい。
 
 未開墾時代と言うことは、主人公のおじいさん、いつもお腹を空かしていたんでしょうね。
 おじいさんが、まさかりを持って、家の中を必死の形相で奇妙な動物を追いかけるシーンに、笑いを通り越しゾクリとしました。
 
 しっぽ奪還のため、一晩中おじいさんに詰め寄る、奇妙な動物のつぶやく声。
 だんだん言葉数が増えていき、ホント恐い!
 正体がかすかに見え、可愛らしいキャラっぽかったので、ホッとしていたら、ラストで見事驚愕の谷底へ突き落とされてしまいました。
 
 11歳の息子に一人読みさせてみたら、「あ゛〜〜〜〜こわっ!これ、ちいちゃい子にはダメでしょ。ははも冬にこれを読むかね〜。」とビビリ発揮でした。
 
 でも、恐いんだけどこのおじいさんの表情といい、犬たちのキャラといい、絵が気に入りました。
 読後、扉絵にしっぽの代わりにしようとしているのか、がまの穂らしきものをつかんでいるおばけを見つけ、やっぱり不気味でした(笑)。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ポール・ガルドンさんのその他の作品

うさぎとかめ / ふくろのなかにはなにがある? / ひよこのコンコンがとまらない / やぎのブッキラボー3きょうだい / いたずらこねこ / さるとわに

代田 昇さんのその他の作品

ももたろう / ぼくのおよめさん / ワンプのほし / 源じいとふしぎな村 / たたされた2じかん / おじいちゃんといっしょに



ハッピーなおやすみのえほん!

しりっぽおばけ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット