貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)

作・絵: レオ・レオニ
出版社: Econo-Clad Books

作品情報

発行日: 1995年08月
ISBN: 9780785757597

U.S.定価 :$ 15.10

ベストレビュー

色でイロイロお話ってステキ!!

作者とお孫さんがお出かけした帰り道の電車の中、グヅルお孫さんに手短な紙をちぎってはこんな楽しいお話が出来たという逸話を耳にし興味を持ってこの本を手にしました。
そうです、いわゆる「普通の絵」ではなく、言って見れば「ちぎりえ」?!あおくんときいろちゃんは仲良し。うれしくてうれしくてみどりになりました。そうです、青と黄色を混ぜると緑色になるのです。そしてそれぞれのおうちに帰ると緑になった我が子が分からないそれぞれのご両親。悲しくて悲しくて涙を流します。大粒の青い涙と黄色い涙を。やっとご両親にも分けが分かってもらえて・・・めでたし、めでたし。
色でお話ってお人形ごっこを楽しんだときのような、ほのぼのとした気持ちに慣れます。そして絵本がない時でも想像力や子供と遊ぶ中で生まれる素敵なお話、各家庭でも思い出のお話が生まれそうです。

(1姫2太郎ママさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子8歳、男の子2ヶ月)

出版社おすすめ


レオ・レオニさんのその他の作品

英語でもよめる じぶんだけのいろ / フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

Little Blue and Little Yellow(あおくんときいろちゃん)

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット