宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
フォア文庫 まほうをかけられた舌
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フォア文庫 まほうをかけられた舌

  • 児童書
作: 安房 直子
画: 遠藤 てるよ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥540 +税

「フォア文庫 まほうをかけられた舌」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年10月01日
ISBN: 9784265010011

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

父のレストランをうけついだ洋吉が、小人から本ものの味について教えられる、珠玉ファンタジー。

ベストレビュー

お父さんが残してくれた味

安房直子さんの創作のお話し
 
まほうをかけられた舌は、 レストランの主人だったお父さんが亡くなって独りぼっちになった洋吉少年が お父さんの味を継いでレストランを継ぐ事になるのですが・・・・

若くてなまけものだった洋吉は、お父さんの味を知りません。
ある時  地下室で見かけた小人がお父さんのレストランの味を教えてくれたのですね

お父さんの味を 舌が教えてくれ 小人が導いてくれるのですが・・・

 本当のところは、お父さんだったのかも知れませんね 導いてくれたのは・・・

遠藤さんの挿絵も可愛く

少年が成長していく様子がよくわかりました
父の偉大さを感じたのかもしれません
生きると言うことを考えさせられました

魔法にかけられたような地下室の様子は興味深く 安房さんのお話しのうまさを感じました

その他にも
コロッケが五十二
青い花 
海からのおくりもの
ライラック通りのぼうし屋
楽しませてもらいました
安房さんのお話しもっと読んでみたいと思いました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎとおほしさま / やさしいたんぽぽ / だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ

遠藤 てるよさんのその他の作品

ごんぎつね / かくれんぼてぶくろ / 紙芝居 つきよとめがね / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / あまんきみこ童話集(5) / さんまいのおふだ 改訂版



>絵本エイド ―こころにひかりを―

フォア文庫 まほうをかけられた舌

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット