ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
フォア文庫 ジキル博士とハイド氏
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フォア文庫 ジキル博士とハイド氏

  • 児童書

出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥560 +税

「フォア文庫 ジキル博士とハイド氏」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年05月01日
ISBN: 9784265010776

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

人間のもっている善と悪をめぐって「二重人格」の代名詞となった世界的な傑作スリラー小説。

ベストレビュー

人格について考える

中学生の息子が「怖そうな話があった」と図書室で借りてきました。
とうとう息子もこんな本を読むようになったか、とちょっと感慨深い気持ちになりました。

薬を飲むと悪の人格ハイド氏になってしまうジキル博士のお話は、あまりにも有名ですが、改めて読んでみると自分の中の「悪」という部分について考えさせられます。
二重人格、人間の善悪についてなど、何度読んでもテーマを突き付けてくる作品です。

ちなみに息子は「ハイド氏は悪ではないと思う」と言ってました。一つの人格の中での一部なのだから、丸っきり悪とは言えないそうです。
それを感想文にしてみたら?と言いましたが、それは無理だそうな(笑)
この文庫は読みやすい装丁と字の大きさなので、小学校高学年くらいから大丈夫かもしれません。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

フォア文庫 ジキル博士とハイド氏

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット