みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
わたしがこぶただったころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしがこぶただったころ

作: 梅田 俊作 梅田 佳子
絵: 梅田 俊作 梅田 佳子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしがこぶただったころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年08月
ISBN: 9784265011247

0才 〜 小学校低学年向け
25.0×22.0 32頁

出版社からの紹介

わたしは、何にでもなりたがりやの女の子。こぶたになったり、ライオンになったり―。そのたびに、ママにおこごとばかり…。

ベストレビュー

子どもはみんな主人公

子どもはみんな主人公。
こぶたになったり、いぬになったり、時にはパパになったり…。
この感覚、懐かしいですね。
この絵本の「こぶた」ちゃんは、主人公になるだけではなく、主人公になりきって、観察力、感性がバツグンです。
ちょっとしたことが気になって、気になって…。
多分、子どもたちは誰もがそうなのですが、ママの歳になってもその感覚をわすれずにいられたら素晴らしいですね。
自分も昔はそうだったはずなのに、今では子どもたちから様々な発見を教わって、いつの間にか失ったものを懐かしむ始末です。
でも、この主人公のように、ママになってみて、ママの苦労を実感してみて、悩んでしまうところなどは、ちょっとできすぎ君では…。
親の心子知らずの我が家、すでに子どもは大きくなりすぎたようです。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梅田 俊作さんのその他の作品

つきよのたけとんぼ / タイヨオ / うわさごと / 紙芝居 おこうおばさんの平和のいのり / みんなかわいい / 紙芝居 コスモスあげる

梅田 佳子さんのその他の作品

くるくるさんぽ / てんてんおやすみ / 新装版 この ゆび とーまれ / だいじなものは? / あめあめあれれ / ネンネコごろごろ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

わたしがこぶただったころ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット