おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
Alexander and the Wind−Up Mouse(アレクサンダとぜんまいねずみ)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Alexander and the Wind−Up Mouse(アレクサンダとぜんまいねずみ)

  • 絵本
作・絵: レオ・レオニ
出版社: Econo-Clad Books

作品情報

発行日: 1987年09月
ISBN: 9780833503312

U.S.定価 :$ 13.85

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

書籍扱い(上製本)の絵本です。縦 22.8 x 横 17.7 x 厚さ 0.9(cm) 言語:英語

ベストレビュー

どちらが幸せ?

Alexander はWind−Up Mouseに出会います。Alexander が嫌がられ追い出されるのにWind−Up Mouseは同じような外見なのに可愛がられてうらやましい。自分もWind−Up Mouseになりたいと、魔法使いを探し、その願いを叶えるために紫の石を探します。その間、可愛がられていたはずのWind−Up Mouseは飽きたおもちゃ箱に放り込まれます。最後の最後で出した願いごとは、自分がWind−Up Mouseになるんじゃなくて、逆にWind−Up Mouseを本物のねずみにすること。二人は本物のねずみとして仲良くやっていきます。

可愛がられたいけど、自由も欲しいし、捨てられない権利も欲しいし、本当の意味で愛されたい。そういう気持ちって子供にもあると思うので、ねずみたちに象徴させて素敵な結末にしてくれたと思います。どちらが本当に幸せかは分からないけど、やはり本物のほうが、たとえ孤独なことがあっても自分で愛する人を見つけていけるところで幸せなんじゃないかなと思います。

レオニの作品はどれも余韻があって、考えさせられるし、解釈もたくさんあるのでおすすめ。

(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

レオ・レオニさんのその他の作品

フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり / アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック



エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

Alexander and the Wind−Up Mouse(アレクサンダとぜんまいねずみ)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット