貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ブルッとこわいおばけの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブルッとこわいおばけの話


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ブルッとこわいおばけの話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年07月25日
ISBN: 9784265024025

出版社からの紹介

水グモの糸/うみぼうず/がらくたおばけ/ばけもの寺のしゃみせん/ねこ岳のばけねこ/たのまれた手紙など14話。

ベストレビュー

我が家の定番おばけの話

おばけ好きなわが子。
毎日のようにおばけの本を読んでいますがこの本は大定番。
たくさんのおばけの話が詰まった一冊です。
話の内容もあまり怖すぎずちょうど良い感じで、寝る前によんでも怖い夢をみる心配はありません。

うちの子の一番のお気に入りは「絵からとびだしたねこ」のお話。
この本の中では比較的地味な話に思えるのですが・・・
子供の趣味って色々ですね。
(夜の樹さん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

ブルッとこわいおばけの話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット