ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
Color of His Own(じぶんだけのいろ)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Color of His Own(じぶんだけのいろ)

作・絵: レオ・レオニ
出版社: Econo-Clad Books

作品情報

発行日: 1999年10月
ISBN: 9780613035927

U.S.定価 :$ 15.00

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 25.6 x 横 20.8 x 厚さ 1(cm) 言語:英語

おはなし

おうむはみどり、きんぎょはあかい・・・動物はそれぞれ自分の色を持っていますが、カメレオンだけは周りの色に合わせて色が変わってしまい、「自分の色」がありません。
カメレオンは自分の色を持てないことを嘆いていました。

あるとき、カメレオンはもういっぴきのカメレオンに出会い、悲しみを共有します。
もういっぴきのカメレオンはいいます。
「でも、ぼくら いっしょに いて みないか?」
「いく さきざきで やっぱり いろは かわるだろう、だけど きみと ぼくは いつも おんなじ。」
そこで二匹は一緒に暮らし、一緒に緑になり、紫になり、黄色になり・・・。
(翻訳作品より転載)

みどころ

二人で一緒なら、周りがどんなに変わっても、いつも同じでいられる・・・
そんな単純で、そして本質的なことを気付かせてくれる作品です。
自分の色がないカメレオンは、自分の色を持とうとしてずっと葉っぱの上で暮らすのですが、季節が変わって葉っぱの色が変わってしまうのです。自分の色にこだわっていたカメレオンが考え方を変えることで幸せになります。その発想の転換にははっとさせられます。
登場するカメレオンは実に可愛くてシンプルでカラフル。視覚的にも楽しめる、美しい作品です。
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

思い出の1冊

独身時代に英語の絵本にハマり、初めて購入したのがこの本です。英語の絵本ってなんかオシャレ!と思ったのです。本屋さんで見つけて手にとった時絵の可愛らしさに感動し、即買いだった記憶があります。最後のページが特に可愛くて、姉も思わず「かわいいー!」と叫んでいました。簡単な英語で書かれているので、なんとな〜く内容は分かりましたが、カラフルでかわいい絵に惹かれて、しかもなんかオシャレという漠然としたイメージでの購入でしたので、内容はさておき眺めて楽しんでいました。当初は作者のことをよく知りませんでしたが、あの(国語の教科書に載ってる)『スイミー』の作者であることを後に知りました。

(くりこきなこさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子1歳)

出版社おすすめ


レオ・レオニさんのその他の作品

フレデリック(ビッグブック) / レオ・レオニの絵本セット(全22巻) / レオ・レオニの絵本セット(全21巻セット) / 英語でもよめる スイミー / ねずみの つきめくり / アレクサンダとぜんまいねずみ ビッグブック



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

Color of His Own(じぶんだけのいろ)

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット