まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
魔女からの手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女からの手紙

  • 絵本
作・絵: 角野 栄子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「魔女からの手紙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784591054895

小学上級以上向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

東西の20人の画家が描く魔女たち。それらを一つのストーリーにした角野栄子の絵本。魔女国特製切手シール付き。

○あらすじ
ヤヤは手紙を手にしました。
「ふかもりカスレ」と書いてありました。
ひいおばあちゃんの名前です。カスレおばあちゃんにはふしぎなともだちがいっぱいいると聞いていました。
ヤヤは大きなバッグを見つけてきました。そのなかには魔女の手紙がありました。

○画家陣
荒井良二、ディック・ブルーナ、いとうひろし、大島妙子、鴨沢裕仁、和田誠、市川里美、五味太郎、黒井健、児島なおみ、スズキコージ、橋本淳子、国井節、長新太、高林麻里、宇野亜喜良、西巻茅子、杉浦範茂、スーザン・バーレイ、太田大八

ベストレビュー

じっくり読む本

「魔女の宅急便」他、角野栄子さんの本が大好きな娘ですが、小1にはかなり難しかったようです。

設定はとても面白く、主人公ヤヤのひいおばあさん「カスレさん」宛の、お友達からのお手紙20通を読んでいきます。

お手紙それぞれの画を20人の画家さんが描いていて、絵本好きには見慣れた絵も多く、とても豪華。

それぞれの切手や消印も凝っています。

内容がかなり難しく、ひとつひとつ読んでいくとかなり時間がかかるので、3歳と6歳の子は最後まで聞けませんでした。

絵本好きの大人としては、かなり面白かったのですが、子どもに読むなら小学校高学年くらいになっていないと難しいかな、と思いました。
じっくりと時間をかけて読んでいきたい絵本です。
(solicaさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本 / おばけのアッチ おもっちでおめでとう / かがみとチコリ / 「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 / ちびねこチョビ / 境い目なしの世界



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

魔女からの手紙

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット