もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【予約受付中】待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
ゴリラが1ぴき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴリラが1ぴき

作・絵: アツコ・モロズミ
訳: 松野 正子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年6月25日
ISBN: 9784001106145

対象年齢 4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

花畑の中で,海べで,雪の林でゴリラが遊んでいます.そして,そばにはさまざまな小動物が…….イギリスの伝統的な博物画の手法を学んだ若い画家が幼い子どもたちにおくる,ユニークな数の絵本.

ベストレビュー

優しい絵に癒されます。クスクス笑いもこみあげます。

副題は「なんだかおかしなかずのほん」
1ぴきのゴリラが、お散歩しているのでしょうか。
ページをめくると、見開きで次々と美しい風景が現れ、
そこに住む動物達を数える、というシンプルな構成の作品ですが、
親子でとても気に入ってしまいました。

絵がとにかく優しい。
写実的なのに、印象は柔らかく、流れる空気がなんとも穏やかで癒されます。
そして「なんだかおかしい」のです。
ゴリラの散歩コースは、ジャングルから、蝶が飛ぶ花畑、パンダのいる雪山、はたまたサンゴのきれいな南の海まで・・・国も季節もバラバラ!
訪れるゴリラはいたってマイペースですがね。
茶目っ気のあるゴリラの表情や佇まいもかわいくて、何度もクスクス笑いがこみあげました。
ラストシーンの絵が最高です。
(私のおじいちゃんの背中を思い出してしまいました。)

もちろん、絵探しも楽しかったです。
風景に溶け込むように描かれた動物達は、なかなか見つからず
私も苦戦しました。
数を数えられるようになったお子さん〜大人の方にもおすすめです!
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

アツコ・モロズミさんのその他の作品

ねるまえに「よんでよんで」 / このゆびとまれ!おはなしいっぱい / となかいはなぜサンタのそりをひく?

松野 正子さんのその他の作品

ももと こだぬき / にわとり城 / ちゃいろいつつみ紙のはなし / 特装版 思い出のマーニー / まっててね / よくきたね



『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

ゴリラが1ぴき

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット