もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おおいびきのツチブタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおいびきのツチブタ

作: ムワリム
絵: アドリエンヌ・ケナウェイ
訳: 草山万兎
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「おおいびきのツチブタ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ツチブタのかく大きないびきのおかげで、森の動物たちは夜も眠れません。マングースが一計を案じてこらしめようとしますが...?

ベストレビュー

ツチブタの解説付きで、気が利いてます。

ツチブタって、聞いたことはあるけれど、一体どんな動物かと聞かれて、答えられる人は少ないでしょう。でも、動物分類上では、ブタではないらしい。豚肉の味に煮ていて、ブタ鼻を持ち、土の中に穴を掘って住んでいるそうです。
本の冒頭に、ツチブタの生態などの解説が書かれていて、この未知の動物のついて知識を得ることができます。これは、訳者の方が書いた部分なのですが、とても気が利いていますよね。
お話は、どうしてツチブタが、昼間は寝ていて、夜になると起きてきて、シロアリを食べるようになったか、という物語です。もちろん、フィクションでしょうが、なかなか面白いです。ツチブタが、大いびきをかいて、毎晩マングースが眠れずに困ったところから展開していきます。
登場する動物達も、実に魅力たっぷりに描かれていて、絵の美しさにも惹かれます。特に、珍しいツチブタの容姿は、興味をそそられました。
絵も、ストーリーも楽しめる一冊です。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アドリエンヌ・ケナウェイさんのその他の作品

くいしんぼうシマウマ 新装版 / くいしんぼうシマウマ / あつがりカバ

草山万兎さんのその他の作品

河合雅雄の動物記(8) ひとりザルのマックとフータ / ヘビをたいじしたカエル / オオムラサキ舞う森 / 河合雅雄の動物記 極北をかけるトナカイ  / 水の旅



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おおいびきのツチブタ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット