ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
阪田寛夫童謡詩集 夕日がせなかをおしてくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

阪田寛夫童謡詩集 夕日がせなかをおしてくる


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年12月25日
ISBN: 9784265040476

出版社からの紹介

「さっちゃん」の童謡で子どもたちに親しまれている阪田寛夫の童謡詩集。やさしくて,大人になっても心にすみつき,口ずさむ――。

ベストレビュー

口ずさめる詩がたくさん。

国土社から1983年に同じタイトルの詩集が出ています。
岩崎書店が出版したこちらの本は1995年が初版なので、こちらの編集のほうが新しいバージョンになります。

挿絵は濱田嘉さん。
解説は昭和の児童文学界で活躍していた児童文学作家であり、編纂者である北川幸比古さんでした。
この北川さんの解説を読むと、この詩集がよくわかるので、詩集を読んだ後にはぜひここまで読んでほしいと思います。

坂田さんの詩は童謡になっているものも多く、幼年期の子どもたちが口ずさみやすい言葉のリズムを備えているます。

私は第2章の「かぜのなかのおかあさん」という詩が一番好きですね〜。
この詩を含む第2章にまとめられている詩は、どちらかというと小さなお子さんより、
“親孝行、したいときは親はなし”の年頃の方のほうが、心にくるものがあるかもしれません。

余談ですが「ともだち賛歌」は、小学生の頃、
「たろうさんのあかちゃん」という童謡と同じ節だったためか、なぜか当時私の周りでは同じ歌の2番、3番という感じで歌われていて、
みんなで歌いながらなわとびとか、ゴムとびとかかして遊んでいた記憶があります。
素敵な詩がたくさんあります。ぜひ読んでください。知っているという方、もう一度改めて読み直してみてください。新たな感動があるかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

阪田寛夫童謡詩集 夕日がせなかをおしてくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット