しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
もちろん返事をまってます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もちろん返事をまってます


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「もちろん返事をまってます」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年07月07日
ISBN: 9784265041718

出版社からの紹介

障害をもつ少年ドゥディと文通している、ノア。彼に会いたいノア、会いたくないドゥディ…。友情を描くイスラエル人気作家の代表作。

ベストレビュー

こころふるえる「手紙」のやりとり

小学五年生の少女ノアと、ドディ少年の、書簡体小説。
ふたりの間でやりとりされた「手紙」が、そのまま物語となっているのです。

やりとりを続けるうちに、ノアはドディに会いたいと思い、その気持ちを伝えます。
でも、それをドディは嫌がるのです…
それは、ドディが、車椅子に乗っているから。その姿を、ノアに見られたくないから。

でも、そんなこと(!!)にノアは屈しません。
本当に相手を思いやるからこその言葉を、手紙で伝えます。
「ドゥディの家を訪ねてほしくないのね。オーケーです。訪ねません。わたしが会いたいっていうたびにおこるのね。オーケー。もういいません。だけど、それでどうなるかしら?わたしの手紙は、わざとらしくなるはずです。ひとこと書くたびに、ドゥディを傷つけやしないかおこらせやしないかって、十回も迷うから。それでいいの?」

その後の展開は、読んでからのお楽しみ…!

同年代の子どもたちに、そして大人にも!!是非、読んでみてください。図書館には、きっとあります。
(夏漣さん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ




飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

もちろん返事をまってます

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット