ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ばあちゃんの笑顔をわすれない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばあちゃんの笑顔をわすれない


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ばあちゃんの笑顔をわすれない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月20日
ISBN: 9784265042722

出版社からの紹介

知的障害者施設をへて、老人ホームで働く青年介護福祉士の姿を追う。認知症のおばあさんとその家族そして愛犬との出会いを通して、彼は何を感じ、何を学んでいくのか。ささえあう仕事・介護、その出会いと感動を描いた感動のノンフィクション。

ベストレビュー

老いることって!!!

近頃は介護ということがとても身近に語られるようになりました。
自分の行く先に介護生活があるかもしれない。
元気で老いることができれば良いけれど、身体的に介助が必要になったり、認知症になったり…。
家族はその時どうなるのだろう。

この本は、家族の立場と、介護する立場を実体験から語っています。
デーサービスと入所介護施設と、表向きではない苦闘が語られています。
また、本の中心にいるスミさんの認知症の進行と、夫の雅さんの愛情、
自分のことも分からなくなってしまった妻を思う葛藤が、苦しいまでに語られています。
そして、雅さんは先に死んでしまいました。
夫の死を知らないスミさん。
飼い主が亡くなったために、保健所に送られてしまった愛犬コロ。

老いるということの先に、これほどの苦難が待っている。
このことを、子供とともに考えたいと思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

ばあちゃんの笑顔をわすれない

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット