なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
おとうさんはげひんです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさんはげひんです


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おとうさんはげひんです」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月10日
ISBN: 9784265052516

出版社からの紹介

おとうさん(谷川俊太郎)、あわてんぼうのおかあさん(新川和江)、こども人生相談(木坂涼)、ピアノやめたい(糸井重里)、ママの笑い(まど・みちお)など15編。

ベストレビュー

家族で詩を楽しみたい時に

図書館の詩の本のコーナーを歩いていたら、目に飛び込んできたタイトルがこれでした。

『おとうさんはげひんです』ってすごくインパクトのあるタイトルだし、絵が最近注目している沢田としきさんということで読んでみました。

開いていみると谷川俊太郎さん、まどみちおさんなど日本を代表する詩人の方々の家族に関する詩が掲載されていて、時々ほろり、時々しんみりしながら詩の世界に浸りました。

あれ?でも、タイトルになっている『おとうさんはげひんです』ってないよねと思ってもう一度読み返したら、

ありました、ある詩の中に。どれだかは読んだ皆さんが見つけてくださいね。

私は「かぜのなかのおかあさん」という阪田寛夫さんの詩が心に残りました。

自分のお母さんにはいつも若くて元気でいてほしいなあって、子どもの願いでもありますね。

家族の風景の一場面があり、こんなこともあるなあって思える詩がたくさん載っていましたよ。

家族で詩を楽しみたい時にいかがでしょう。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

おとうさんはげひんです

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット