なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ピコピコピコさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぼくの犬は無口です
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの犬は無口です

  • 絵本

出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくの犬は無口です」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月10日
ISBN: 9784265052547

出版社からの紹介

ねこをかうきそく(阪田寛夫)、クロとぼく(まど・みちお)、ぼくの犬(小泉周二)、目(川崎洋)、なぜ?(工藤直子)、となりのねこ(鶴見正夫)など15編。

ベストレビュー

詩の面白さに目覚めた一冊

【内容】
犬や猫、メダカなどペットや動物を題材にした楽しい詩が15編。パンチの効いた素敵なイラスト(古川タク・絵画担当)で楽しめます。

詩人:阪田寛夫、まど・みちお、清水たみ子、間所ひさこ、小泉周二、大橋政人、高崎乃理子、やなせ・たかし、川崎洋、冨永佳与子、小松静江、工藤直子、鶴見正夫

【感想】
このシリーズは、家族をテーマにして6巻あります。一番最初に読んでみて、詩の面白さにはまりました。それまでは、詩というのは難しく、高尚なものであって、自分とは縁の遠い世界のものだとばかり思っていました。しかし、ここに収められているs各品はどれも身近な話で、よくわかる事がかかれていて、漫画みたいなイラストで、楽しめました。庶民の味方の作品集です!

犬や猫を飼ったことがある人は、この作品を見て、うなづくところが多くあったり、笑ったり、泣いたり、考えさせられたり…いろいろな感じを味わえます。動物を飼ったことがない人も、ぜひ、試しに読んでみてください。
中には、動物があまり大事にされていなかった時代の、乱暴な感じが漂う作品もあります。しかし、その作品を読んでみて、今はだいぶペットが大事にされる時代になったのだなあ、と感慨深く、時代の流れや人の考え方の変化を感じました。

この作品集を読んでみて、昔、実家で買っていた犬や猫、鶏、イモリ、その他いろいろな動物たちのことを思い出しました。私の親たちは、農作業に必要だったから馬を飼っていたそうです。家族の思い出話も思い出し、一つの詩集がいろいろな思い出を記憶の奥底からほじくり出して、楽しめました。詩は、面白い効果があるのですね。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

ぼくの犬は無口です

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット