ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
じぶんでウンチできたとき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じぶんでウンチできたとき


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じぶんでウンチできたとき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月10日
ISBN: 9784265052554

出版社からの紹介

ぼく(谷川俊太郎)、おめでとうがいっぱい(神沢利子)、約束(高階杞一)、あいうえ・おーい(工藤直子)、ふしめ(木島 始)、ぼくはなにを(まど・みちお)など15編。

ベストレビュー

壮大な命の詩

【内容】
命についての、壮大な詩が15編。シンプルなイラストと、文字の余白もぜひ味わってほしい一冊。ユーモラスな命から、宇宙の誕生を思わせる壮大な命まで。

詩人:谷川俊太郎、成本和子、山中利子、重清良吉、高階杞一、神沢利子、工藤直子、新沢としひこ、長窪綾子、木島始、新川和江、木村信子、まど・みちお、阪田寛夫

【感想】
絵がシンプルなので、いろんなことを、余白の部分に思い浮かべられました。詩を味わう良さは、音読することと、余白の部分を想像すること。それに、作った人がどんな人か調べたり想像したりするのも楽しいものです。
家族のうた、というシリーズは、笑っちゃうような作品も多くて親しみやすいけど、この一冊は、どちらかというと、命の壮大さを感じさせる作品が多く、人類の生まれてから今までの歴史を旅したような気持ちになりました。

赤ちゃんが生まれる時、男か女か、どんなこに育つのか、泣いたり笑ったりして言葉が通じないような気がするけど、結構しっかり通じていたりして、あちこちをはい回って、そのうちタッチができるようになって…いろんなことが想像されました。

私は家族はいませんが、家族のいる人や、子育て中の人、妊娠している人、これから家族をもつ人は、もっと楽しめる作品だと思います。友達に妊娠している人があるので、おススメしたいなと思いました。
一番心に残ったのは、重清良吉さんの「男?女?」という作品です。
文章も、絵も、極限まで削ったシンプルな作品なのに、グサッと心に響くインパクトがありました。男か女か?もし選べたらどっちがいいだろうか。そんなことを考えさせられる作品でした。今は男の方がいいような気がしている…
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

じぶんでウンチできたとき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット