しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぐるっと地球をかかえちゃえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐるっと地球をかかえちゃえ


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぐるっと地球をかかえちゃえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年02月10日
ISBN: 9784265052561

出版社からの紹介

じいちゃんからいきなり(まど・みちお)、夏の海(川崎 洋)、よる(神沢利子)、私たちの星(谷川俊太郎)、青空(高階杞一)、すっからかんのかん(阪田寛夫)、光が(工藤直子)など15編。

ベストレビュー

俺たち、宇宙人。

【内容】
ユーモア詩の絵本、かぞくのうた(6)。地球や星たちも広い意味で、家族ととらえた作品が15編。

詩人:まど・みちお、川崎洋、神沢利子、谷川俊太郎、高階杞一、清水たみ子、小野ルミ、矢崎節夫、阪田寛夫、工藤直子、新沢としひこ、本郷健一
イラスト:杉田比呂美

【感想】
一番最初にある、まど・みちおさんの「じいちゃんから いきなり」という作品が一番好きです。これは壮大な話で、日常の悩み事なんか小さい事だと思って忘れられます。心が広い、視野が広い、度量が大きい、器の大きさが違います。
この作品を一番初めに読むことで、これ以降続く作品の世界観が理解できるようになります。入口で、入場許可証をもらったような気分です。

家族、というと、身近な人間と思いましたが、この地上のあらゆる生きとし生けるもの、そして、宇宙も含めて「家族」というとらえ方をしているようです。「仲間」と言ってもいいかもしれません。だから、海や山や地球や星などに向かって、話しかけています。普通に、友達にでも話しかけるように話しかけて、答えが返ってきても来なくても、満足しているような感じなのです。
星や海などは、話しかけても答えないから、ただ、自分が勝手に想像して、空想の相手を設定して独白しているだけのようにも見えます。ただ、この絵本を見ていると、イラストが語りかけてくる感じがするので、相互で話をしているような気がします。
そんな風に、自分で自由に想像して楽しめる作品です。ちょっとした旅行のようなものです。日常からちょっと抜け出して、宇宙を旅したいような時に、ぜひおすすめします。安全に返ってこられますし、費用もさして掛かりません。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

ぐるっと地球をかかえちゃえ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット