貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ロストガールズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロストガールズ


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月15日
ISBN: 9784265057665

出版社からの紹介

こんな母親と一緒にいたくない。そう決心した珠緒はデパートで自ら進んで迷子になる。すると、自称迷子の天才が現れて、珠緒とともにロストガールズを結成する。

ベストレビュー

迷子

母親が厳しく、言いなりだった珠緒。読み始めからいつ爆発するのだろう…と思いながら読みました。
母娘で出かけたデパートで珠緒はついに爆発し、自ら迷子になってしまいます。
デパート内で「迷子の天才」を名乗る美少女に出会ってから、なにやらふしぎな展開へ。
迷子の世界に入った2人は周囲からは見えなくなってしまったようでやりたい放題!しかし、2人を見ることができる存在も。
迷子狩りのおばさんの言った「甘えるな!」というのも分かる気がします。
迷子の世界から戻った2人はきっと大丈夫だと思える感じでよかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

ロストガールズ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット