となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
ゆうえんちはおやすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうえんちはおやすみ


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆうえんちはおやすみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月31日
ISBN: 9784265062744

出版社からの紹介

ゆうえんちがお休みの日、警備員さんはひとりきり。そこへ狐がやってきました。観覧車に乗りたいというのです。一回だけ特別だよと乗せてもらい、狐は大喜びで帰ります。

ベストレビュー

お休みの日の遊園地

お休みの遊園地、いるのは警備員のおじさんだけ。
そんな休みの日に一匹のキツネがやってきます。
困りながら観覧車に乗せてあげるおじさんの優しさや無邪気に喜んでいるキツネ。
見ているだけで気持ちがほっこり^^
一回だけの約束だけど、次は妹を連れてきたり、山のお友達を連れてきたり・・・
一体どれだけ続くのだろう?
見つかったら・・・?
おじさんが心配になりましたが、嬉しそうに乗る動物たちを見るとやっぱりほっこり^^

キツネたちの純粋な気持ちやおじさんの優しい気持ちがすごく良くって、読み終わった後も心がポカポカ。
優しい絵にピッタリの優しいお話でした。
(Yuayaさん 20代・ママ 男の子8歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

ゆうえんちはおやすみ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット