もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
チョコレートをたべたさかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレートをたべたさかな

  • 絵本
作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年
ISBN: 9784892389290

19×17cm  27頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

水の中を自由気ままに泳ぎまわっていた一匹の魚。
ある日、チョコレートのかけらを口にしたことから世界が変わってしまいます。
未知の世界を知った魚の、甘くて切ない物語。

ベストレビュー

チョコレートは恋に似てる

初めて食べたチョコレートに、サカナは身も心もとりこになってしまいます。その甘さ、おいしさに「からだじゅうの ちからが ぬけてしまう」ほど。このあたり、恋に似ているなぁ・・・。

うちの9才の子どもは、だまって読んでいましたが、サカナにとって6回目の冬の場面で、手が止まっていました。ただシンプルに「ぼくは しんだ」とだけあるのが、かえってストレートに心に届いたんだと思います。

命は巡る・・・。小さな命にもいろんなドラマが、なんていうと大げさですが、この短い1冊に十分こめられて、あまりあると思いました。
(星モグラサンジさん 30代・その他の方 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • とろ とっと
    とろ とっと の試し読みができます!
    とろ とっと
     出版社:くもん出版
    とろ とっと とろ とっと…トロッコ電車は走ります。内田麟太郎×西村繁男のユーモア絵本!

みやざき ひろかずさんのその他の作品

パウルのスケッチブック / ほんのにわ / ドレミファどうぶつコンサート / 紙芝居 せつぶんとおに / 紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

チョコレートをたべたさかな

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.26

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット