だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あのころ、そしていま…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あのころ、そしていま…


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「あのころ、そしていま…」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年06月15日
ISBN: 9784265068012

出版社からの紹介

あのころのお母さん,あのころの食べ物,あのころのぼく。そして,いま…。ラストシーンがユニークな,時の流れを見つめる絵本。

ベストレビュー

大人むけかな?

これは誰にむけたメッセージなのか?
子供むけの本というよりも、むしろ大人むけでしょうか?
人はだんだん成長し、そして老い...
子供は大きくなり、ものは古くなり...
時代とともにうつりゆく人、物...
いとおしく思える過去を少し振り返ってみる絵本かな?
なので、子供が読んで、ほほ〜と思うような絵本ではないような気がします。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子7歳)

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

あのころ、そしていま…

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット