もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
リタとナントカ がっこうへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リタとナントカ がっこうへいく

  • 絵本
作: ジャン=フィリップ・アルー=ヴィニョ
絵: オリヴィエ・タレック
訳: こだましおり
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リタとナントカ がっこうへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784265069149

5才 〜 小学校低学年向け
B5変型判・20.1×17.5cm・25頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

先生は「学校へぬいぐるみなどをもってきてはいけません」と言いました。
でも、リタは、ナントカをランドセルに入れて……。リタとナントカのほのぼの絵本、第4弾!

ベストレビュー

赤と黒しか使っていないけど可愛い絵!

リタと、まだしっかりした名前のついていない犬ナントカの話でシリーズもの。

リタが学校にいくとき、こっそりかばんにいれてナントカも連れて行く。絶対出てきちゃだめ、と言いつけるのだがこっそり出ては給食を食べたりいたずらしたり、、、。でもリタは気づかないみたい。最後、遊びつかれたナントカはぐっすり。

絵が白黒赤だけでもすごく魅力的で、面白い。娘も気に入っていました。展開も良くてなかなか素敵な絵本でした。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャン=フィリップ・アルー=ヴィニョさんのその他の作品

リタとナントカのおきゃくさま / リタとナントカのピクニック / リタとナントカのおかいもの / リタとナントカのクリスマス / リタとナントカのにちようび / リタとナントカ

オリヴィエ・タレックさんのその他の作品

ひつじの王さま / ちいさいきみとおおきいぼく / いつか、きっと / 水曜日の本屋さん / リタとナントカうみへいく / ママがいっちゃった…

こだましおりさんのその他の作品

3日ずつのおくりもの / みずたまのたび / 湖の騎士ランスロット / イカロスの夢 / ぼくはここで、大きくなった / アリ・ババと40人の盗賊



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

リタとナントカ がっこうへいく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット