貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
わたしから、ありがとう。
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしから、ありがとう。

作・絵: 河原 まり子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月31日
ISBN: 9784265069729

5才 〜 小学校高学年向け
25.0×21.0  32頁

出版社からの紹介

わたしはクラスのいじめられっ子。いつもひとりぽっち。でも、母さんが教えてくれた魔法の言葉で、世界が変わった。友だちなんて一人もいないと思っていたのに…。

ベストレビュー

ありがとうの大切さ

小学校低学年の子どもたちに、
人権をテーマにした読み聞かせのときに紹介しました。

おはなしは、歌手の中島啓江さんの自伝的作品です。
かつて学校でいじめを受けていた中島さんは、
こう語っています。

学校でいじめにあっていたわたしの心を
優しく包んでくれたのは母、
そして母の教えてくれた魔法の言葉
「ありがとう」でした

「いじめ」というテーマではありますが、
色彩豊かな温かいタッチの絵なので、
重苦しい感じはなく、
ありがとうの大切さをそっと伝えてくれます。

主人公のももちゃん、いじめっこのブラッキー。
そしてクラスのおともだち、それぞれの心の変化を
子どもたち自身で感じとってもらえたらうれしいです。
(たぽたぁぽさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!
  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

河原 まり子さんのその他の作品

グルグル ぼくのだいじなおもいで / きらちゃんひらひら / はじめてのおわかれ / もしも、そばにいぬがいたら / ねこさんどうしてないてるの? / なかまって さいこうさ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

わたしから、ありがとう。

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット