だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
下町不思議町物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

下町不思議町物語


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「下町不思議町物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月15日
ISBN: 9784265072040

出版社からの紹介

小学6年生の直之が、毎日、放課後、すっとんでいく場所がある。そこは昔ながらの下町の風景が残っており、オバケや正体不明のモノたちがうじゃうじゃと生きている不思議な町だった。

ベストレビュー

この人のはいつもこんな感じ

「妖怪アパートの幽雅な日常」とか「大江戸妖怪かわら版」とか。
この方の妖怪・幽霊絡みのお話は決して特別な出来事の中の話ではなく、平凡な日常の中に「風変わりな友人」的に妖怪・幽霊が登場します。
もちろん不思議な体験はしますよ。

そして、その友人を介して日常を生きる事の中で大切な事を教えてくれます。
今回は家族の絆について…です。
もつれにもつれた祖母や父との絆を、この下町に来て解きほぐしていきます。
もちろん「どうにかしてほどきたい」と思っての事ではなく、妖怪や風変わり町人達とふれあって…気づくのです。

後からほっこりくるお話です。
そして、私達も「家族っていいな」と思えるのです。
(橘朔夜さん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

下町不思議町物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット