ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
オリビア サーカスをすくう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オリビア サーカスをすくう

  • 絵本
作・絵: イアン・ファルコナー
訳: 谷川 俊太郎
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「オリビア サーカスをすくう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784751519899

幼児〜小学校中学年

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

前作『オリビア』で人気沸騰のコブタの女の子が、今度はサーカスで大活躍。少しお姉さんになってますますパワーアップの第2弾!

ベストレビュー

「中耳炎」で、サーカスがお休み

今日はオリビアが学校で発表する番。題材は「お休みの日に何をしたか」
オリビアは話し始めます。弟とお母さんと一緒にサーカスへいたら、サカースの人たちが中耳炎でお休み!「中耳炎」ですよ。他のなんでもなく、「中耳炎」とくるところがいかにもオリビアらしい。
で、かわりにオリビアが動物を調教したり、綱渡りをしたり、ピエロになったり、空中ブランコまでしてあげたんですって。
話し終わって先生が聞く。「ほんとのはなしですか?」
「おぼえてるかぎりではね」オリビアはすまして答える。
この時の先生の表情!いいですよ〜。もう、参りましたって感じで。
ラストもばっちり決まってます。
第1作の「オリビア」の時より、ずっとずっとヒートアップした面白さになってます。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イアン・ファルコナーさんのその他の作品

オリビア クリスマスのおてつだい / オリビア バンドをくむ / オリビア…ときえたにんぎょう / オリビアかぞえる / さかさまオリビア / オリビア

谷川 俊太郎さんのその他の作品

でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん



ハッピーなおやすみのえほん!

オリビア サーカスをすくう

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット