もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
Say“No!” “やめて!”といおう −悪い人から自分をまもる本−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Say“No!” “やめて!”といおう −悪い人から自分をまもる本−

監修: 安藤 由紀
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥476 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「Say“No!” “やめて!”といおう −悪い人から自分をまもる本−」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもをねらった犯罪が多発している。どこが危ない、悪い人はどうやって近づいてくる、自分をどうやってまもる。この本は危険回避の方法を子ども向けに具体的に解説する。

ベストレビュー

シミュレーション

小学校入学を控え、絶対にインプットしておきたいのは、「自分で自分を守る」ということ。
危険な場所に行かない、そのときどうすればいいのか・・・。
何度か、関連の本を読んだり、教材などでも目に触れることがあって、
娘の意識の中でも、だいぶ定着してきました。

この本の良いところは、
Q&A形式や、具体例、そして逃げ方もきちんと説明されているところです。
「知らない人には・・・」は耳にタコでも、実際に腕をつかまれた時にどうすればいいかなんて、子どもはわかりません。
普段から、状況を想像し、頭の中でシミュレーションしておくことが大切。
絵がたくさん使われていて、危険な場所の図などは、小さな子でも理解し易いです。
薄くてコンパクトなのもいいですね。
ネット犯罪についても触れられているので、少し大きな子にもオススメです!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安藤 由紀さんのその他の作品

いいタッチわるいタッチ / 紙芝居 おかえりなさい はなくまちゃん / 紙芝居 いっしょにあそぼ! / もうこわくない / わたしがすき / いいタッチわるいタッチ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

Say“No!” “やめて!”といおう −悪い人から自分をまもる本−

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット