しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
宇宙飛行士になった子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宇宙飛行士になった子どもたち

作: 杉山由美子
絵: 阿部 真理子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784265801909

一般向け
日本宇宙少年団 企画
四六判・19.0×12.7cm・192頁

出版社からの紹介

宇宙飛行士になった向井千秋、若田光一、山崎直子、古川聡の四人の親御さんに、
どんな子育てをしてきたかをインタビュー。そこには驚くべき共通点があった!

ベストレビュー

好きを伸ばす

宇宙好きの息子に触発されて手に取ったこの一冊。
数ある職業の中でも、恐らく最もなりづらい物であろう宇宙飛行士になるという夢を見事叶えた方々の幼少期が、お母さん達の視点から語られています。
4名共、特別教育熱心な家庭で育ったというわけでもなく、よくいる子供達と同じように野山を駆け回って虫を捕まえたりしていたよう。
でも子供達が興味を持った物は全力でサポートし、一緒に楽しむ姿勢が共通しているように思えました。
宇宙飛行士になるというのはとても名誉な事である反面、出発前に遺書を書き残しておかねばならない程の危険な任務。
大人になった我が子の選んだ道にも、時には涙を流しながら応援する親の姿に心打たれました。
(miki222さん 30代・ママ 男の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉山由美子さんのその他の作品

中学受験SAPIXの算数 / 子どもの気持ちがわからないときに読む本 / 長男が危ない!――熱心な母親ほど要注意

阿部 真理子さんのその他の作品

あんなかいぶつみたことない / むしゃむしゃマンモス / ボクがこんなにふとった理由



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

宇宙飛行士になった子どもたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット