もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おねしょの かみさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おねしょの かみさま

  • 絵本
作・絵: 長谷川 義史
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おねしょの かみさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年07月04日

AB判 32頁

出版社からの紹介

毎晩、おねしょをしてしまい、水にまつわる不思議な夢を見る男の子。ある朝起きると、ユニークなおねしょの神様に出会います。神様におねしょをしなくなるおまじないを教えてもらった男の子ですが…。男の子と神様の交流がほのぼのと描かれます。

ベストレビュー

大爆笑!

タイトルにひかれて息子に読み聞かせしてみました。

案の定、息子は大爆笑!
特に、最初のおしっこする音。
「ジョージョージョジョジョー ジョージョロジョーゾー・・・」、これは是非是非声に出して読んでください(笑)

プールのようなトイレから、やがておしっこがあふれ、広い広いおしっこの海に・・・
その中を泳ぐ姿は、かなり衝撃的です。

でも更に衝撃的なのが、その後に出てくる、その名もズバリ「おねしょのかみさま」。
これがなんとも胡散臭い!
手が10本、足が5本、その手にも何やら怪しげな物を色々と持っています。
そしてこの神様、おねしょした子のところにやってきて踊りを踊っていくのですが・・・

次の日もやっぱりおねしょをしてしまいます。
アレ?おねしょの神様とは一体何だったのか・・・
おねしょをしなくなるワケじゃないの???

そのうちおねしょをしなくなる呪文を教えてくれるのですが、息子は「だったら最初から教えてくれればいいのに」とまたまた爆笑。

最後は、神様のことが好きになっちゃったのかな。
おねしょしないと神様に会えないなんて、おねしょが治らなくて困り者ですね(笑)
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

出版社おすすめ


長谷川 義史さんのその他の作品

おならまんざい / 天女かあさん / サンカクさん / だじゃれ世界一周 / それゆけ!長谷川義史くん / じてんしゃのほねやすみ



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

おねしょの かみさま

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット