十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
あいたい友だち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいたい友だち

  • 絵本
作・絵: 小林 豊
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784333024087

小学校中学年から
22cm×24cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

私たちが見上げる空は、世界中の国々とつながっている。私たちの反対側の国では、どのような暮らしをし、
何に喜びを感じているのか――。野を走り、海を越えて、遠い国から届いた声に、さあ、耳を傾けよう。
中東・アジアを中心に世界各国を訪れた日本画家・小林豊による、世界を知る、世界を考える絵本。

著者メッセージ:「こんにちは。元気ですか?」 声を出して、世界中の友だちによびかけてみよう。
        遠くはなれていても、同じ時間の風の中から、そこにいる友だちの声が、必ず聞こえてくるから。

編集者コメント:遠い国の友だちから、手紙が届いたような気持ちで、読み進めてください。
       この本が世界を、そして平和を考えるきっかけとなりますように。 (佼成出版社HPより)

ベストレビュー

あいたい友だちとは。

小林豊さんの絵本は子供の絵本というより、
年齢を問わず、手にとって読んだ方へ
大切なメッセージを伝えてくれているように感じます。
「あいたい友だち」という表紙絵を見たときは、
たとえば引越しした幼なじみ?とかを
想像したのですが、
このお話は、この地球上のいろんな国の
人たち、遠く離れていても同じ時間を共有していること、
見知らぬもの同士でも「友だち」と表現されています。
世界は広く、多くの国があって、
たくさんの人々がいて暮らしがある。
平和を願って遠くの人々のことにも
思いを寄せる そんな気持ちを感じました。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 豊さんのその他の作品

長崎ものがたり お船が出る日 / リーかあさまのはなし / 白い街 あったかい雪 / 淀川ものがたり お船がきた日 / とうさんとぼくと風のたび / ハナンのヒツジが生まれたよ



2つの写真のまちがいをさがそう

あいたい友だち

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット