ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かかしのじいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かかしのじいさん

作: 深山 さくら
絵: 黒井 健
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784333024117

4歳から
25cm×22cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

感動的な内容です。日本の情景を美しく描いています。味わいのある文章で、読み聞かせに最適。

かかしのじいさんの仕事は、すずめを追っ払うこと。なのに、すずめは、自由に空を飛び回り、じいさんは見上げるだけ。
すずめは、じいさんを慕ってやって来る。そして、じいさんも、いつしか、すずめを待つようになった。
ある日、お百姓さんが、すずめを捕えるために、かすみ網をかけようと言った。それを聞いたじいさんは……。
互いを思いやる気持ちが感動を呼ぶ絵本。

田んぼやすずめを見て育った作家と画家による味わい深い作品です。黒井氏は、米の花の開花時期を調べ、
田んぼに行って、スケッチをしたり、写真を撮ったりして描いています。
かかしの表情とすずめの可愛さに何度も読み返してしまう絵本です。(佼成出版HP「編集者から」より)

ベストレビュー

心の交流って

深山さくらさんのお話はいつもほんのりと心が温まる作品が多いですね
今回のお話も、かかしのじいさんとすずめの交流です

本当は敵対同士なのに、なぜかぬくもりを感じます
それはじいさんの麦わら帽子に咲いた花のように・・・

黒井さんが季節に合わせてスケッチに訪れたとも・・・
その思いも私たち読み手の心に伝わってくるようです

黄色い花の数は爺さんの愛情の大きさなんでしょうね
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


深山 さくらさんのその他の作品

はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) / なかよしヤギ一家のECOプロジェクト / おたまじゃくしのたまちゃん / ぼくらのムササビ大作戦 / ありがとう、諏訪子さん――日本でいちばん長生きしたインドゾウの話 / てんぐのそばまんじゅう

黒井 健さんのその他の作品

みどりのはしご / あきいろのころわん / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

かかしのじいさん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット