庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
踊りたいけど踊れない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

踊りたいけど踊れない

作: 寺山 修司 宇野 亜喜良
絵: 宇野 亜喜良
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「踊りたいけど踊れない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

思春期の絵本

15歳の少女が主人公という設定の絵本。
初恋に関わって、意味もなく自分が自分でなくなってしまう様子が描かれている。
寺山修司の作品ということで、詩だとか状況演劇を思い浮かべてしまうのだが、とても切り口は素晴らしい。
宇野亜喜良の絵も、思春期の危うさを表現しているようで納得。(子ども向けではありません)。

ただ、おじさんが初恋の頃を思い出していたってしょうがないので、今の思春期世代がどうなっているのだろうかとも考えてしまいました。

後半部分は寺山修司の詩の世界。宇野さんの絵も雰囲気をがらりと変えての二部構成です。

中学生、特に女性にお薦めの絵本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺山 修司さんのその他の作品

壜(びん)の中の鳥

宇野 亜喜良さんのその他の作品

恋人たち / あのこ / 子どもの本の海で泳いで / おおきなひとみ / ぼんぼん / 優しさごっこ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

踊りたいけど踊れない

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット