くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
はじまるよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじまるよ

作: 熊谷 守一
絵: ぱく きょんみ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はじまるよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2009年11月号 ページ数: 22 サイズ: 20X19cm

出版社からの紹介

まばゆい光を放つ朝の太陽、日だまりで幸せそうに眠る三毛猫、夜空に浮かぶ白い三日月……。1977年に97歳で亡くなった熊谷守一氏は、自宅の庭先にいつも寝そべり、自然の営みを飽くことなく見つめ、描きました。その中から幼い子どもたちに身近なモチーフを描いたものを選び、詩人のぱくきょんみ氏が、あたたかくやさしい言葉を寄り添わせました。美しい絵と言葉が見事に調和した絵本です。

ベストレビュー

芸術に触れる

こんな絵本は見たことがなかった。
色々な美術館に展示してある絵や個人蔵してある絵を活用して絵本になっている。もちろん子供が一番の芸術家ではあるけど、絵画なんて触れるのや興味を持つのはまだまだなのだが・・・・何だか共通点があるような(書いた人に失礼かな?)

幾何学的に表現している絵が多く、何だか赤ちゃんが興味を持つようになっている。絵本の話も擬音が多く、何だ何だと聞きたくなる内容。

なんとも不思議な絵本です。眠り猫とかピチピチカエルとかは、可愛らしくとても愛着が湧く。メリハリがある絵ばかりなので目が悪い赤ちゃんでも楽しめる。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


ぱく きょんみさんのその他の作品

また あした / へらじかはのしのしやってくる



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

はじまるよ

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット