庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
富士山にのぼる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

富士山にのぼる

  • 絵本
文・写真: 石川 直樹
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784774611471

210×260mm・34P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

一歩、一歩、足を前に出す。それをやめないことだ。
未来へと歩きはじめた子どもたちへ石川直樹がおくる、はじめての写真絵本。

10代の頃から世界を旅し、エベレストをはじめとする7大陸の最高峰すべてに登頂をはたした石川直樹――。
冒険家とも写真家とも呼ばれ、近年では『最後の冒険家』で開高健ノンフィクション賞を受賞するなど、
その文章にも冴えをみせる、いま最も注目される若き表現者である。

彼が、世界へと踏み出すときの「はじまりの山」となった富士山。しかも冬の富士山へ挑むことは、彼にとって、
何度もくりかえし立ち戻る原点であるという。石川直樹は、言う。
「みんながしっている富士山。とおくから何度も見ていた富士山。でも、そこに登れば、かならず、新しい世界に
であうことができる。見なれた姿の中に知らないことがたくさんあることに、ぼくは気がついた」と。

――それは富士山にのぼることにとどまらない、人生の真実を伝える言葉だ。
この絵本を通して、一歩、一歩、読者にも、前に進んでほしいと著者は願う。
どんな事でも、一歩、一歩、足を前に出すことしか、たどり着く方法はない。
この絵本は未来へ歩きだす子どもたちに差し出された、力強いバトンである。

富士山にのぼる

ベストレビュー

素敵!!!

全ページ試し読みに感謝です。石川さんが絵本?!出してるの??とこの絵本見つけ、ワクワクしながらすぐに読ませてもらいました。
この本ほんとに素敵!!子どもも大人もみんな読んでほしいですね。バーチャル山のぼりの絵本ですが・・・山登りに興味なくても、楽しめます。富士山はみんな大好きですもの(^_^.)もうすぐ三歳の息子にもすぐ見せてあげたいと思いました。
(タイベビーさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

石川 直樹さんのその他の作品

世界のともだち(9) バングラデシュ わんぱくアシフと青い自転車



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

富士山にのぼる

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット