貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
あいたくて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいたくて

作: 工藤 直子
絵: 佐野 洋子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年09月
ISBN: 9784477000701

小学校上級〜一般向




出版社からの紹介

だれかにあいたくて、なにかにあいたくて、今日も手をのばしている─あなたの心にふれたい気持ちでいっぱいの詩集です。

工藤直子さんと、いまは亡き佐野洋子さんコンビによる、大ロングセラーの詩集。
表題の詩「あいたくて」に、平原綾香さんが曲をつけました!
2012年2月〜3月の間、NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」としてお聴きになれます。
そして、2012年2月29日には、平原綾香さんの最新アルバム『ドキッ!』にも収録。
詩と曲と、どうぞお楽しみください!

ベストレビュー

「うんうん」って、感じる詩が一杯。

大日本図書って、教科書とか、分厚い勉強の本を作っている所かと思っていました。
「小さい詩集」の1冊です。
もちろん工藤直子さんのファンの方なら、もうとっくにご存じ!の1冊だと思います。
先日「図書館と県民のつどい」という催しが、埼玉県内でありました。
今年初めて応募して、参加してきたのですが、特別講演できてくださった工藤直子さんのお話に感激してしまいました!!
2時間のお話が長かったような、短かったような…。泣いたり笑ったり楽しい時間を過ごさせていただきました。
(工藤先生、ありがとうございました!!)

そこで、工藤直子さんが自薦していらしたのが、この「あ・い・た・く・て」
題名は前から知っていましたが、どちらかというとかわいらしい詩が苦手だったので、手にしていませんでした。
こういうのを食わず嫌いって、言うんですね。
可愛くないわけではありませんが、ものすごく良かったです。
生活感っていうか、現実感があって、フワフワしたファンタジーのような詩ではなく、「生きて、感じて、実感できる」みたいな…。伝わりますか?


子どもたちにも紹介したいものはあるけれど、どちらかというと、小さな子たちより、中高生くらいの子どもたちに手渡したいなぁ、と思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 直子さんのその他の作品

さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス

佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた / 佐野洋子対談集 人生のきほん



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

あいたくて

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット