おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
なによりも大切なこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なによりも大切なこと

  • 児童書
作・絵: あさの あつこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784569686745

中学生以上
四六判正寸並製

出版社からの紹介

「10代って、残酷な時間なんだ。否応なく全てが変わっていく。変らされてしまう。留まることは許されず、立ち止まることも許されない。ただ、前へ、前へ、先へ、先へと進むだけだ。急流に浮かぶ小舟みたいだ」「人間てな、十年も生きていたら、たいていのことはできるよ。やる気さえあったらできるよ」――友だち、将来の夢、恋愛、自分のことを考える言葉を『バッテリー』『NO.6』など、あさのあつこの人気作品から集めました。

10代の揺れる思い、強い気持ち、ドキドキする言葉と、読者に語りかけるような、読者を包みこむような、あさのあつこさんの書き下ろしエッセイを収録しました。そして、多数挿入されたとっても素敵なカラーイラストのどこかに、あなたが見つかるかもしれません。

どんなふうに生きていきたいか? どんな大人になりたいか? あさのあつこの世界をコンパクトな1冊にした10代のための、おまもりのようなメッセージブックです。

ベストレビュー

子どもの成長に伴い

出来れば、子どもに読んでほしいな〜、と思って図書館で借りてきました。
中高生の思春期の子どもたちにお薦めしたい1冊です。
児童書というのではなく、いままであさのあつこさんがお書きになった作品の一部を紹介しつつ、
あさのさんの子どもたちへのメッセージエッセイのような本でした。
あさのさんの本が好きで、ほとんど読んでいるお子さんには、特にお勧めです。だって、なぜ、ここにこんな風に紹介されているか、抜粋されている文章の奥にある物語を感じ取ることができるから。

すごく薄い本で、小説はちょっと見が手だけどって、中高生の子どもたちにも読んでほしい。
作品そのものは知らなくても、ここに作者が込めた思いは伝わる気がするので。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

なによりも大切なこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット