だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
そして僕は天使になった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そして僕は天使になった

作・絵: 池谷 剛一
出版社: パロル舎

本体価格: ¥1,500 +税

「そして僕は天使になった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年12月
ISBN: 9784894192669

※光琳社出版刊は絶版

出版社からの紹介

「ある日僕はあたりまえのように死んでしまった」
突然死んでしまった犬の『僕』。
その背中に小さな飛べない羽を背負って
通い慣れた散歩道を歩いていく。
でも賑やかな街はもう、彼の居場所ではなくなっていた。
「僕はどこへ行けばいいのだろう……」
さまよい歩き、最後にたどり着いたのは……。

ベストレビュー

飼っていた犬が死んだ後で

死んだ犬が体を失ってからのお話です。
自分が死んだということを自覚していながら、どうしていいか迷いながら天使になるまでのお話。
綺麗な言葉が並んでいて、静かな所で音読するのにぴったりという気がしました。
大人にも子供にも私はおすすめしたいと思います。死を余り意識しない小さな子供たちにも良いと思います。

(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


池谷 剛一さんのその他の作品

てがみが もしも とどくなら / 世界にひとつしかクリスマスツリーがなかったら / ぼくのやま ママのやま / そして僕も天使になった



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

そして僕は天使になった

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット